アカデミアイベリア
  • Instagram アカデミアイベリア
  • Facebook アカデミアイベリア
  • Twitter アカデミアイベリア

住所:東京都小平市上水新町3-11-17

(GOOGLE MAP内「アカデミアイベリア」で検索!!)

メール: iberiachan@gmail.com

電話: 050-5438-6045(対応:布施)

​公式LINE: @034urlqhで検索

開講日: 月曜、火曜、水曜

*授業中は電話やメールにすぐに対応できないことがありますので、ご了承願います。

お問い合わせ

スペイン語⇔日本語の通訳翻訳のオーダーはこちらのお問い合わせからご連絡ください。

© 2019 por Ayuno Fuse. Creado con Wix.com

お家でNETFLIXするなら…(ドラマ編)

最終更新: 1日前

新型コロナウィルス感染症の影響で、自宅待機やテレワークをする方、せっかくの週末をお家で過ごされる方も多いのではないでしょうか。


そこで、アカデミアイベリアとしておすすめNETFLIXコンテンツをご紹介していこうかと思います。スペイン語学習者はもちろん、これから勉強したい方、言語には興味がないけれどスペインには興味がある方のために参考になれば幸いです。



<<ドラマ編>>

NO.1:LA CASA DE PAPEL(邦題:ペーパーハウス)

<あらすじ>人組の強盗団が、人質を取ってスペインの造幣局に立てこもった。首謀者は、計画を進めるためには警察すら手玉に取る。空前絶後の強盗事件の果てに待つものとは?


既に2020年4月3日にシーズン4が始まることが決まっているスペインNETFLIXオリジナルスペインドラマ。エミー賞など複数賞を取られています。悪者側(強盗団)の目線で立てこもり事件を見るのが非常に面白いです。





NO.2:ALTA MAR(邦題:アルタマール:公海の殺人)

<あらすじ>1940年代、スペインからブラジルへ向かう豪華客船で次々と発生する不可解な死。うそと秘密が渦巻く船内で、2人の姉妹は忌まわしき家族の真実を知ってしまう。


ペーパーハウスなどに比べると日本での浸透度はそこまでですが、誰が犯人なのかどきどきしながらみるサスペンスがお好きな方にはおすすめ。個人的にはペーパーハウスの次に気に入りました。スペイン語もペーパーハウスよりもスラングが少ない印象だったので、わかりやすいかも。




NO.3:LAS CHICAS DE CABLE(邦題:ケーブルガールズ)

<あらすじ>1920年代のマドリード。国営電話会社で働く4人の女性交換手は、通信革命の中で咲く美しき花。最先端の職場は、恋が芽生える一方で嫉妬の炎が燃える女の戦場。


昔のスペインを知ることができます。恋多き女性たちが主人公で、洋服もレトロでかわいいので、女性向きドラマかも。1920年代のお話ですが、スペインらしく差別や強い女性にフォーカスしていて、学ぶことがあります。




No.4:ELITE(邦題:エリート)

<あらすじ>低所得層の学生3人がスペイン随一のエリート私立高校へ編入することに。ところが学内で富裕層の生徒たちとの間で衝突が起こり、やがて悲劇へと発展していく。


シーズン3が3月13日に始まるこのドラマはペーパーハウスを見た方にとっては「あ!見たことある!」という俳優さんが沢山。ドラマの舞台は今までで一番いまどき?なネタ・問題が盛りだくさん。平均年齢も若いので、ゴシップガールのような感じ?などきどき感も。



その他ドラマやリアリティーショーは近日中に別ページに掲載していきたいと思います。

(*<あらすじ>はNETFLIX公式ホームページから抜粋しております。)






21回の閲覧